【BLOG】

ともろく写真談義【第4回】

筆不精って僕みたいな人間の事を言うんだろうなと思います。

TOMOROCKでございます。


11月末の展示も無事に終わり、沢山の方に生で写真を見てもらえた。

とても嬉しいこと。


デジタルが主流になってきて、ウェブなども非常に活用されている現代、写真も人の目に触れる場所が多様になってきた。


そのためプリントに拘るというのは、展示などをしたり、写真集を作ったりといったシチュエーションでなければ、意外としてなくて、パソコンの中だったりハードディスクの中だったり、スマートフォンの中だったりして、プリントではなく『データ』としてのものになってきているのではないかと思う。


実際紙にプリントしてもモノとして劣化をしたりするものなので、データとして管理した方がいつまでも綺麗なものとして管理が出来るというメリットはわかる。


でも、プリントというものは面白い。


その写真の適切なサイズは?

紙は何にする?

インクとかプリンタはどうする?


とか色々考えるんです。


あと刷ったあとも、額装どうする?とかライティングは?並びやレイアウトは?

などと色々考えなければいけない。


でもこれって音楽のライブと似てる。


曲を作って、アレンジをして、曲順を決めて、実際演奏する。

そして、実際のライブハウスでリハして、照明とかやってもらったり、音響さんに色々調整してもらったりする。


展示とライブは似てる。


プロセスも似てるし、来ている人のリアルな反応も見れる。


だから写真はやっぱりナマモノ。


楽しいね。2016年も何本か展示しますので、お楽しみに。♪

0 コメント

ともろく写真談義【第3回】

どうもご無沙汰しています。


気が付けば師走ですね。早いものです。


ちょっと最近気になったことがあったので、書いておこうと思いました。


最近、写真雑誌などでヌードを特集としていることがあります。

一時芸能人のヌードブームというのもありましたが、写真集としてではなく、ヌード作品を撮っている人、

撮られている人が、増えてきたと思いませんか?

実質的な割合は、変わっていないのかもしれませんが、SNSなどで多く目にすることがある写真などで、

ヌードがあがっていることが多くなってきた気がします。

エロ的な要素ではなく、芸術としての作品が多くなってきたと思います。

でも、


「それ、ホントにヌードである必要性ありましたかね?」


ヌードって、色々な配慮をしなければいけないんです。

作品管理の部分もそうだし、出し方などなど。

※下手したら逮捕されちゃいます。


正直、自己責任な部分は強いので、どうこう言いたくないのですが、ちょっと気になってます。


ヌードってある意味直球的表現になりやすいと思うんです。

シンプルかつ奥深さもある。それに目を引きやすい。


表現というのは、十人十色、千差万別。

いいんです。どういうのでも、でもなんならもうちょっと趣向凝らしませんか?


もっと面白い表現を。


なんて、ちょっと思ってます。


ではまた。


TOMOROCK

3 コメント

ともろく写真談義【第2回】

 特にこれといってテーマもなく始まった

『ともろく写真談義』でございます。

 

ここ数年で、日々の生活における『写真』の出現率って爆発的に増加しました。

携帯やスマートフォンといったデバイスの活性化もさることながら、

twitterやFacebookといったSMSでの掲載などもされている方も多いのではないだろうか。

 

まぁ、それに一眼レフも各社エントリー機の充実や、

ミラーレスなども少しずつ人気は出てきているように思える。

 

日常を切り取るのって、意外と難しいですが、大切な行為かもしれませんね。

 

その写真が、誰かの心に響くこともあるでしょう。

 

そんな作品を僕も撮りつづけたいですし、

そんな作品が世界にいっぱいあればいいですね。

2 コメント

ともろく写真談義【第1回】

こんにちわ。
TOMOROCKと申します。

ここでは、写真に関する日々のことや、

撮影でのお話などしていこうと思います。

不定期更新になりますが、読んで頂けると嬉しいです。

1 コメント